国立大学法人東京海洋大学 大学院海洋学科技術研究所 海運ロジスティクス専攻  english page 交通のご案内 入試について topへ
情報システム工学  海洋テクノロジー学 海上安全テクノロジー 海運ロジスティクス専攻について
流通システム工学 流通経営学 水先人養成コースについて

海洋テクノロジー学について

研究内容船舶の安全運航のために、波浪中における船体運動予測、操縦性の解析と新しい操船方法、統計的運航管理の方法、人間機械機系解析による安全運航確保、気象・海象予測、GPSなどによる精密測位、船舶の誘導制御・定点保持・自動操船技術などに関する教育研究を行い、またメガフロートなど新しい海洋構造物の設計、運用、管理技術、さらに海事社会を円滑に進めるための管理技術などについて教育研究を行います。
講義方法船舶運航性能実験水槽や回流水槽による実験、操船シミュレータによる実験、練習船汐路丸による実験や計測などを通じて工学的なアプローチによる研究を行います。
魅 力計算機による数値データの解析で得られた結果が、実験やシミュレーションによる体験として肌で感じられることに、醍醐味があります。海洋科学技術、造船工学、海洋環境工学、海洋開発工学、海洋計測技術、安全運航管理工学などの技術的発展に貢献することを目指します。

教員紹介

授業担当
教員名
職名
研究分野
授業科目名
教授
船舶耐航性能、流体力学、造船学、
時系列解析、実船計測、
船体動揺の解析と予測
船体運動解析学
船体運動解析実験
教授
船舶の誘導制御、ヒューマンファクタ、
確率論的安全評価
操船シミュレータ演習V
操船シミュレータ演習W
教授
ヒューマンファクター、海難分析、安全管理、
海上交通工学
水先安全管理論
操船シミュレータI
教授
操船シミュレータ 操船シミュレータI
准教授
船舶工学(造船学)、数値流体力学、
船舶耐航性能、船体管理、
海上安全管理、海洋環境管理
国際海上安全管理学
国際海上安全管理学実験
助教
海洋空間利用工学、津波、錨
数値シミュレーション、粒子法

教授
海事英語 海事英語論
准教授
測位ソフト開発、マルチパス、
GPS/GNSSを利用したアプリケーション開発
統計学、衛星測位工学
移動体通信システム
准教授
人間機会工学、ヒューマンファクター、
事故解析、安全工学
運航システム設計工学
※各先生方の名前をクリックすると、本学の海事交通共同センターの研究者データベースを表示します。
※■URLは教員の個人ページなどへのリンクです。