国立大学法人東京海洋大学 大学院海洋学科技術研究所 海運ロジスティクス専攻  english page 交通のご案内 入試について topへ
情報システム工学  海洋テクノロジー学 海上安全テクノロジー 海運ロジスティクス専攻について
流通システム工学 流通経営学 水先人養成コースについて

流通経営学について

研究内容商品の生産から消費に至るロジスティクスについて、海陸空の一貫輸送システムや生産・在庫管理システム、流通情報システムの面から、数理計画的手法や交通計画学的手法を用いて最適化する技術と、情報システム工学手法を用いて高度化する技術によって、流通システムとロジスティクス・システムの計画・設計、運用・管理、戦略・政策などに関する教育研究を行います。
講義方法海外のMBA(経営学修士)課程と同様のケース・スタディーの方法を取り入れ、実情の事例から学ぶとともに、最新の経済理論や経営理論の習得に努めます。
魅 力この分野は、IT革命に伴う情報化の進展や経済のグローバル化を受けて、きわめて大きな構造変化の過程にあります。工学的物流研究や海運実務など他大学の流通経営学では得られない知識に触れることを通じて、流通経営に関する多面的かつ実際的な理解が得られ、流通経営の革新に貢献できます。

教員紹介

授業担当
教員名
職名
研究分野
授業科目名
教授
交通政策、都市交通、港湾経済、
海運経済、公共経済
交通政策論
交通政策演習
教授
航空、海運、アライアンス、
規制緩和・民営化、競争性、
国際化・多国籍化、海外進出モード、国際経営
現代交通経済論
交通経済論演習
国際交通論
教授
食品産業、産業構造、国際分業、
地域経済、地域産業、ロシア経済、
卸売市場、 食品流通の安全管理
産業構造論
流通経済学演習
※各先生方の名前をクリックすると、本学の海事交通共同センターの研究者データベースを表示します。

研究紹介

GIS(地理情報システム)を用いた流通経営戦略分析
(澤田 修治 教授)