国立大学法人東京海洋大学 大学院海洋学科技術研究所 海運ロジスティクス専攻  english page 交通のご案内 入試について topへ
情報システム工学  海洋テクノロジー学 海上安全テクノロジー 海運ロジスティクス専攻について
流通システム工学 流通経営学 水先人養成コースについて

情報システム工学について

研究内容海運の主体である船舶を安全かつ効率的に運航するため、船陸間通信を用いた次世代の船舶運航管理、電子海図(ECDIS)・船舶自動識別システム(AIS)などの高度な情報技術を用いた船舶の衝突回避や港湾交通管理、海上におけるリモートセンシング、最適航路選定法、機器管理手法など海事・海洋情報を用いた情報システムの設計、管理、運航に関する研究を行います。
講義方法船舶のナビゲーションにおいてどのような情報が計測されてコンピュータで処理されるか、またコンピュータから出力される情報により、ナビゲーションの安全性・経済性がどの程度向上するかを、定量的に評価する方法を学びます。海上での実験も多く、理論に偏らない実用的な研究を行うことができます。
魅 力船舶のナビゲーションにおいて用いられる最先端の情報処理技術について、深く研究することができます。衝突や座礁、荒天による船体破損が環境へ与えるダメージははかり知れません。船舶の安全運航をサポートするナビゲーション・システムの研究・開発は、重要な課題です。

教員紹介

授業担当
教員名
職名
研究分野
授業科目名
教授
情報工学、海上交通工学、複雑系、 知能工学、海上交通シミュレーション、知的運航システム 知識情報システム設計論
知識情報設計演習
准教授
自律型水中ロボットや自律型ボートをはじめとした海洋知能ロボット、知能システム、情報工学、制御工学 水中工学
水中工学実験
教授
最適航路選定、運航支援、海上交通工学、海洋ブロードバンド 運航支援システム論
電子航法実験
准教授
航海学、海上交通工学、最適制御工学 航海情報論
航海情報論演習
准教授
レーダ信号処理・画像レーダ・レーダシステム 電波情報システム
航行システム演習
准教授
航海学、衝突回避における行動決定、最適操船、海洋ブロードバンド 航海情報論
教授
形式意味論、談話照応、動的文法理論 自然言語と計算機インターフェース
准教授
データベース、コーパス研究、海事英語 言語情報処理論
教授
内科学、遠隔医療 保健・医療と海洋情報
教授
民法、保険法、消費者法 情報システム取引と民事責任
情報システム取引と民事責任演習
准教授
画像処理、コンピュータグラフィクス  
 
助教
集積回路技術の海洋工学への応用、集積回路設計技術、FPGA
※各先生方の名前をクリックすると、本学の海事交通共同センターの研究者データベースを表示します。
※■URLは教員の個人ページなどへのリンクです。

研究紹介

東京湾内航行中におけるOZT分布の例
熟練者による自船採用行動をOZT(相手船による行動妨害ゾーン)を使って評価すると共に、その特性から行動決定基準を求める研究を行っています。
(今津 隼馬 教授)
目標監視システムにおける目標情報表示例


(今津 隼馬 教授)
北太平洋における最適航路シミュレーション
風と波および海流を考慮して、コンピュータによりサンフランシスコから東京までのコンテナ船の最短時間航路を計算したものです。オレンジ色の線が最短時間航路であり、サンフランシスコを出航後、24時間毎の等時間曲線が示されています。 (田丸 人意 准教授)