国立大学法人東京海洋大学 大学院海洋学科技術研究所 海運ロジスティクス専攻  english page 交通のご案内 入試について topへ
情報システム工学  海洋テクノロジー学 海上安全テクノロジー 海運ロジスティクス専攻について
流通システム工学 流通経営学 水先人養成コースについて

流通システム工学について

研究内容商品や貨物の流れを、海・陸・空輸送を含む多モード一貫輸送を中心に、経済的最適化と効率化、最適化理論の基礎となる数学的解法、流通情報のネットワーク化、施設の最適配置など、ロジスティクスの計画設計手法、運用管理および政策などに関する研究を行う。
講義方法輸配送システム、情報システム、施設配置などを中心に、最新の計画設計技法やその数学的解法と流通情報システムへの応用方法を学びつつ、ケース・スタディーによって流通システムの計画設計技術を修得する。
魅 力経済の国際化やIT化に伴い、産業界ではロジスティクスを生産と販売とともに重要な部門と位置づけている。ロジスティクス工学について体系的に学ぶことのできる大学は、わが国には他になく、しかも流通経営学などの他分野との連携により、理論と実際の両方を修得することができる。

教員紹介

授業担当
教員名
職名
研究分野
授業科目名
教授
流通システム、都市物流システム、ロジスティクス・システム、都市計画、都市交通計画、物流施設計画、物流の歴史的分析、国際物流におけるロジスティクスの改善 ロジスティクス工学
ロジスティクス工学演習
准教授
サプライ・チェイン・マネジメント,最適化配送計画,ベンダー管理在庫 サプライ・チェイン最適化工学
流通経営工学演習
教授
交通需要予測、計量経済分析、統計学 交通計画論
地域計画学演習
教授
ロジスティクス(在庫管理,需要予測,作業管理),輸送工学(輸送計画,エネルギー輸送,配船計画),その他(海運,宅配便,郵便) 流通設計論
流通情報システム実験
教授
整数論、表現論、ゲーム理論 数理科学
准教授
可積分系 応用解析
教授
ヒトの認知情報処理、ヒトの知覚情報処理、視覚認知情報処理、視覚心理物理学 視覚情報処理論
視覚情報処理実験
准教授
関数解析、最適化理論 応用解析
教授
コンテナ輸送及び港湾実務 コンテナターミナルのオペレーション、港湾開発、高速船運用、 LNG輸送、国際危険物管理、港湾セキュリティ問題 ISO28000シリーズの取得方法とその準備 国際輸送セキュリティ工学
物流貨物管理工学実験
准教授
物流セキュリティ、空間情報解析、施設配置 サプライチェイン・最適化
准教授
比較教育学、タイ地域研究
※各先生方の名前をクリックすると、本学の海事交通共同センターの研究者データベースを表示します。
※■URLは教員の個人ページなどへのリンクです。

 

 

研究紹介

渡邊研究室東京港見学
 
(渡邊 豊 教授)
荷捌き施設図


(苦瀬 博仁 教授)
京都高瀬川の河川舟運に利用された高瀬舟
(苦瀬 博仁 教授)