HOME > お知らせ

お知らせ

2016年12月22日
「学生のための乳の研究活動支援事業」研究活動成果報告会で小川美香子研究室、丁静茹さんが優秀賞を受賞


 2016年12月11日(土)、ベルサール東京日本橋(東京都中央区)で開催された、平成28年度「学生のための乳の研究活動支援事業」研究活動成果報告会のマーケティング部門で、小川美香子研究室の丁静茹さんが優秀賞を受賞しました。
 この事業は、乳の学術連合と一般社団法人Jミルクが、次世代における乳の学術研究の育成・発展を図ること目的として、平成28年度から始めた学生のための研究助成事業です。
 丁さんは、「乳製品の消費者評価に対するトレーサビリティの影響:中国大連の事例より」というタイトルで、中国大連の地元の乳業メーカーのトレーサビリティの取り組みの現状と、大連の消費者の、トレーサビリティ付き牛乳に対する購買意欲や 支払意図(WTP:willing to pay)について報告しました。2015年8月および2016年9月に実施した大連における企業調査(フィールドワーク)と、2016年11月に実施した中国大連の消費者調査の成果です。

・平成28年度「学生のための乳の研究支援事業」 について(募集実施要領



丁静茹さん(中央)と小川美香子助教(右)、ゼミ生寇芮佳さん(左)



丁静茹さんの発表風景


表彰式会場にて。ゼミの仲間、コメントを下さった学習院大学上田先生と


ページトップに戻る