FAQよくあるご質問

OQEANOUSってどんな意味があるのですか。

ギリシャ神話に登場する海神(Oceanus)に由来し、Oversea Quality-Assured Education in Asian Nations for Ocean University Studentsの頭文字を取って名付けられました。
ヨーロッパで実施されているボローニャ・プロセスに準拠した教育の質の保証を伴った単位互換制度を実現した学生交流プログラムです。

本学の交換留学とオケアヌス事業の主な違いはなんですか。

単位認定の仕組みに違いがあります。交換留学で取得した派遣先大学での単位は、内容及び対応する科目を精査した上で認定されますので、本学のカリキュラムと内容が合致しない場合、取得単位として認められないことがあります。
一方、オケアヌス事業の場合は、韓国海洋大学校及び上海海洋大学で取得した単位については、希望科目の登録について事前審査を行ったうえで派遣されるため、取得した単位は、原則として全て本学の博士前期課程の選択科目として認定されます。
また、学部4年生でIJPにて派遣された場合は、先行履修制度により、大学院に進学した際に、派遣先で取得した単位が博士前期課程の選択科目として認定されます。

留学費用はいくらくらいかかりますか?

留学先で授業料の支払いは不要です。また、オケアヌス事業では、往復航空券が支給され、派遣先から宿泊先の提供(無料)があります。さらに、オケアヌス事業IJP・DDPでは、派遣先から月額7~8万円の奨学金が支給されます。
そのため、通常、留学費用は海外旅行保険やその他の準備費用(スーツケース代等)、食事代や日常生活に必要な実費程度になります。

参加するための要件はありますか?

STP及びIJPは、本学学部4年生または博士前期課程に在籍する者、または派遣時に在籍する予定の者(応募時点で学部3年生でも可。)で本学大学院進学を希望する者です。
DDPは、本学大学院博士前期課程に在籍する者、または派遣時に在籍する予定の者です。

中国語、韓国語はどの程度まで必要ですか。

授業等は全て英語で行われますので、中国語、韓国語は必須ではありません。ただし、中国語・韓国語での会話ができると、現地学生との交流や日常生活に役立ちますので、有意義な留学生活を送るためには、できる範囲で勉強しておいた方が良いでしょう。

もっと詳しく聞きたいのですが、どこに問い合わせしたらいいですか。

国際・教学支援課OQEANOUS事業担当宛てにご連絡下さい。 Tel : 03-5463-0418 Email: ks-kanri@o.kaiyodai.ac.jp

また、毎年「OQEANOUSプログラム学生派遣説明会を開催しております。事前にHPにてお知らせしますので、奮ってご参加ください。