SUPPORT学生支援

学生の声

海運ロジスティックス専攻 2年

尾関さん

私はGPSも代表される測位衛星(GNSS)の利活用を主とした研究室に所属しており、現在は高層ビル街に代表されるようなGNSS信号受信の障害が多数存在する環境で安定した測位を行うことを研究しています。具体的には受信可能なGNSS信号を測位に使用できるかの判定、そして測位結果に対して信頼度を付加することを、機械学習からのアプローチを含めて過去の論文調査から丁寧に進めています。

海洋資源環境学専攻 1年

田中さん

voices_photo01.jpg
研究しているセンサーの原理を支えているLED

私は、学部生では海中に溶存した気体を測定する現場型センサーの開発を行っておりました。現場型センサーのデータやその他衛星など様々なデータを利用し、海をより詳細に理解したいと考え、本プログラムに参加しました。現在は、自身の研究を進めるとともに、プログラミングや機械学習について基礎的な内容を習得しています。後にこれらを研究に活かしていきます。